今回は株式会社カジ・コーポレーション・映音営業部より、中古カラオケ機器(コマンダー)清掃を受託しました。そして営業部の担当者からカラオケ機器清掃の研修を受けさせて頂き、研修後はコマンダー各部の名称や清掃時の注意点をスタッフとミーティング行い復習をしました。

現在は専任スタッフ3名(重度身体障害、知的障害、精神障害)でメンバーを組んで、お互い得意な部分を活かしてフォローし合いながらコマンダー清掃練習を行っています。
清掃手順は健常者の作業フローはそのままでは活用できません。一旦は一連の清掃作業を細かく分解して、それぞれの障害特性に合わせた作業分担を決めて行きます。
また指導するのは清掃作業のみならず、カラオケ機器のマーケットや流通価格も合わせて学んでもらい、高額なカラオケ機器を購入されるお客様の満足度を考えて作業を行えるよう、自分たちの役割を学んでもらっています。

これでカジ・コーポレーション映音営業部のお客様に喜んで頂ける様に努めて行きます。
【業務用カラオケ機器のご用命はこちら】
http://kaji-corp.co.jp/karaoke/index.html